鏡を見る人
`

老いに抗え・最新の医療

中年女性

自分を知る新しい健康診断

人は誰でも年老いてゆきます。それを止めることはできません。しかし、現代ではその常識が少しずつ変化しつつあります。老いを止めることはできなくても、緩やかにすること、そして若返ることさえ出来るようになってきているのです。それがアンチエイジング治療と呼ばれる医学的アプローチです。シミ取りやシワ伸ばし、ホルモン療法・デトックスなどはもはやポピュラーなものになりつつあります。最新のアンチエイジング療法で、注目なのは『アンチエイジングドッグ』です。これは健康診断の一種ですが、その目的は普通のものとは違い、老化の度合いと老化リスクを調べることです。出てきた結果は、老化を根本から見つめ、未来に向かい総合的に老いないことを目指すための基礎データとなります。しわ取りのような対処治療から一歩進んだ、まさに新しいアンチエイジング医療の幕開けとも言える検査です。具体的な老化の度合いは、今現在の血管年齢や体脂肪率、骨年齢、筋肉年齢、ホルモンなランスなどから調べます。健康で若々しく、病気のない人を調べると、各項目の老化のバランスが良いことが分かってきています。各項目の数値だけなら普通の健康診断でも分かりますが、このバランスを調べられることこそ、アンチエイジングドックの魅力の一つです。そして、第二の老化リスクについては、老化を早める危険因子を調べるものとなっています。免疫機能、代謝機能、生活習慣、有害金属量などから、老化を促進する要素を自分がどのくらい持っているかを教えてもらえます。

病院選びは目的に合わせて

若さの源はまず、健康です。この大原則に戻って総合的に老化を治療することこそ、アンチエイジングの王道と言えます。シミが多いのは、もしかしたら代謝が人より悪いからかもしれないし、隠れた病気のせいかもしれません。肌がたるむのは筋肉年齢が年齢プラス20歳だからかもしれません。そういった自分固有のデータを知らずに小手先だけの対処に頼っていても、お金がかさむ割にベネフィックは得られないものです。対処治療も良いですが、まず、自分がどのような体質的弱点を持っているのかを知れば、その後、正しい対策を取ることが出来ます。アンチエイジングドックで調べる項目は、医師の考え方や医療設備の違いから、クリニックごとにかなり違いが見られます。自分がどのような点を最もよく知りたいのかを自覚した上で、病院選びをする前に検査項目一覧表をもらってから決めると良いでしょう。ある程度の年齢にも関わらすニキビなどの肌荒れが多い方は、有害重金属検査を項目に入れているクリニック、太め体型が気になる方は筋肉・体脂肪量検査を項目に入れているクリニックを選ぶと良いでしょう。痩せ形の方・食が細い傾向の方は骨年齢を調べてもらうことをおすすめします。